読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気に召すまま

気の赴くままに見たもの聴いたものの感想をのんびり残していきます

Oh! My! Goodness! / V6(2013)

こんにちは!
ユカです。

仕事がバタバタしてるうちに年が明けてしまいました(´・_・`)
ではでは、1発目の記事はこちらのアルバム…

2013年に発売された、V6のアルバム『Oh! My! Goodness!』のお話をします。

今現在の1番のお気に入りなので長めの記事です。

今は昔、学生の頃にデビュー当時の関ジャニ∞にハマってしばらくジャニオタ街道を歩んでいましたが、バンドを始めてからは完全に離れておりました。
ジャニオタ時代も、テレビ番組『学校へ行こう!』を観て、この中なら健ちゃんだなあとか思うくらいで、特にのめり込むことはなかったんですが…

これ聴いて度肝を抜かれました 笑

いやね、ジャニオタを離れてた間、バンドやってたこともあってか、妙にJ-POPのメインを走るアイドルが歌ってるってだけで色んな曲を拒否してたんです。音楽性なんて何もねえだろう、と。今思うと素人の学生が何言ってんだって話ですが、そう思ってて聴いてなかったんです。アイドルの曲。
で、2015年がV6の20周年ってことで、テレビでもたくさん拝見したし、『学校へ行こう!』を見てた頃のV6が懐かしくなって、ふとベストアルバムを買ってしまったんですね(これもまた記事にしたいと思います)
ベストアルバムをヘビロテしてるうちに、持ち前のオタク体質でめりめりとのめり込み、他のアルバムも聴こうと思いまして、ネットで評判が良かったこちらから聴いてみたんです。

いやね、本当にびっくりしました。

ジャニーズがこんな挑戦的な曲を揃えたアルバム出しちゃうの!?と。しかも、なんとなくベテランジャニーズ組でも地味な印象があるV6が!と。

そして、あまり歌唱力も坂本くん頼りで、V6全体としてはそこまで良くないイメージだったんですが…この人たち、歌うまいです。それぞれの持ち味をしっかり活かして、尚やりすぎた感じがしない。昔、歌をやってた身としてはこれ凄いと思います。

では、全曲の感想を。
長くなりますが、お付き合いください。


⒈omg!
オープニングはインスト曲です。
ライブDVDも購入したんですが、ライブもこれで始まってましたね。

⒉Supernova
ライブ先行で、待望の音源化って感じだったんですね。確かにこれはそれが先行だ…たぶん、音源が先だったらここまで人気じゃない気がする。とにかく映像があってこそ。
個人的に声にエフェクトがかかってる歌は苦手なんですが、これくらいの各々の個性が判別できるレベルなら好きです。イノッチと岡田くんの甘い〜を『あんまい』と歌ってる感じや、カラダはGOのところの剛くんの切羽詰まった息が詰まったような歌い方がとてもツボです。エフェクトかかってるのに、あえてやってる表現が分かるのは歌い手の技量ですね。

⒊BING♂
これ一番びっくりしました!こんなファンクをアイドルが歌うとは!そして、しかもすごく綺麗で本格的なファルセット!V6って職人気質なんだなあ、とこれを聞いて思いました。坂本さんはやはり歌うますぎる。あと、意外だったのが地声が高い健くんのファルセットが低かったこと。キャラメルボイスと言われてますが、音域はそこまで広くないのですね。でも、味が出ていい声。
本格的すぎてCDだけだと少しとっつき難いと思ったんですが、DVDでパフォーマンス見たら大好きになりました。

⒋Sexy.Honey.Bunny.
初めて聴いたときは本当に驚きましたが、聴けば聴くほど踊れる良い曲です。クラブっぽくて良い。年末にテレビでやってたの見て、踊ってしまいました 笑
それと同時に、しみじみと20年経つベテランアイドルだからかっこ良く成り立つんだよなあと。これ、若いグループがやっちゃったらただのネタ曲になってしまう気がします。曲そのものはダサいんですけど、そのダサさが凄く良くて、それを良さとして成立させてるのはV6の力なんじゃないでしょうか。
このアルバムの流れの中で聴くと、しっくり来るので、シングル曲なんだけどアルバムという作品のピースとしても役割を果たしてる曲です。というか、このアルバムの作りが本当に俊逸です。

⒌Maybe
音が少なくてシンプルです。イントロのアルペジオとか、どっかのオサレバンドの曲みたい。歌にエフェクトかかってたりして更にオサレ。踊れる曲が続いてる構成の一休みってところでしょうか。ここでも踊れる曲入れちゃうと疲れちゃう。まあ、そう言うのも良いとは思いますが、それはアイドルのやることじゃない。楽曲では攻めてても、アイドルだぞ、J-POPだぞって、その線引きをしっかりと出来てます。
なんか構成ばっかり褒めてる。でも、それくらいアルバムとして好きです。

⒍only dreaming
なんでだろう、これだけすっごく印象薄いんですよね…シングルカットされてたはずなのに…音が少ないMaybeとこの後のD.I.Sを上手くつないでくれてる曲だと思います。
この歌を好きな方すみません…シングルじゃなくてアルバム先行で聴いてしまったので、この程度の印象になってしまってます…他の曲が強すぎます( ;  ; )

⒎D.I.S
ここからまた踊れる曲です。結局DISってなんなんでしょう 笑 V6初心者はよく分かりません 笑 何か意味があるのなら、どなたか教えてください…
サビが、これでもかってほどにD.I.Sしよう〜と歌い続け、これがまたリズムもキャッチーなもんでおのずと覚えてしまいます。D.I.Sしよう〜♪ライブではみんなで歌うんですかね。

エキゾチック・トリップ
ぶっ壊れ曲。題名だけ見ててっきり旅行の歌かと思いましたが、トリップはトリップでもイっちゃってる方でした 笑
曲調も不思議ちゃんで、かなり難解な曲です。でも聴けば聴くほど、パフォーマンスを見れば見るほど良いスルメ曲です。きらっきらっきらって妙に耳に残ります。こんな不思議ちゃんなのにキャッチーなサビってすごい。
長野くんのフワフワな声がこの曲の不安定さを際立たせてて面白い。岡田くんも比較的甘めの声で歌ってて、これもフワフワしてて味があります。

⒐バリバリBUDDY!
壊れシングル曲第二弾。好きです、大好きなんですけど、焼肉のタレのCMで聴いたときはハマる前の学校へ行こう!期に培った私のV6のイメージを大いに壊してくれました 笑
今となってはこれ聴いたらもうノリノリですけどね。この曲とSexy.Honey.Bunny!は、V6のいいターニングポイントになったんじゃないですかねー。これがあったから、エキゾチックトリップみたいな攻めてる曲もV6の曲として受け入れやすくなってると思います。

10.大人Guyz
トニセンとカミセンにパート分けされてる曲で、パッと聴くとよくあるPOPSですが、Aメロでいきなりラップだったり、Cメロがトニセンとカミセンのかけあいだったり、随所にお遊びが入ってます。それが良いんだー!
そして、Aメロのあるフレーズを1番は剛くん、2番は坂本くんがそれぞれ歌ってるんですが、2人の表現が対照的でその対比がすごくいいんです!剛くんは甘ったるく完全に甘えた声で、とは言え、もともと声が高くて甘めになりがちなんですが、それでもわざと表現として甘くしてるくらい甘いんです。一方の坂本くんは低音を活かして大人の色気むんむん。ある意味、剛くんからも色気を感じるんですが、全く種類が違う。とにかく大人。アダルト。うーん、ボキャブラリーが貧弱すぎて伝わりにくくて申し訳ない…
てか、ラップが本業でもないのに上手いですトニセン。芸達者だ。

11.ROCK YOUR SOUL
王道のダンスロックって感じですね。
正直、このアルバムの中であまり好きじゃないです…もっと尖った曲を入れて欲しいと個人的に思ってしまいましたが、王道が入ることでV6がアイドルであって、更にはジャニーズであることが再確認されるんでしょうね。だいぶ若い頃の初期にやってそうな曲です。Super Very Bestもおそらくリリース順で並んでるんで、Sexy.Honey.Bunny!→バリバリBUDDY→これで来るんです。だからなんかすごい違和感で、浮いてるの。でもなー、やっぱりアイドルだって考えたら必要な流れなのか…MADE IN JAPANとかと並べたい…

12.線香花火
ここで王道のアイドルバラード。
この曲は長野くんの柔らかい優しいか細い声がよく合います。歌い始めの長野くんが本当に素敵。音程は正直すこし不安定なんだけど、それもまたきゅーっと胸をされる感じ。2番の歌い出しの健くん→剛くんの歌い方もいいです。もともと高めの声だけど、かすれた、囁くような歌い方が良い。
心なしか他の皆さんも優しく、ファルセットで歌われてますね。はっちゃけることも出来るけど、きちんと歌で決めることも出来る。ああ、アイドルだ…(何)

13.親愛なる君へ
こちらも王道のアイドルラブソング。
切ない曲調だけどアップテンポでPOPS感を忘れていない。すこし前のV6が続けてこんな感じの歌を出していた頃を思い出します。その時期は、別にファンとかじゃなくて、なんか大人しいなーV6地味になっちゃったなーって思ってました。余りに大人路線に行こうとしてたのが見えて。でも、弾けてたり、クラブっぽい曲が多い中での、アルバムの一曲だったり、たまにこういう曲を聞いて、えっV6って楽しいだけじゃなくてカッコ良くクールにも行けるんだ!って思わせるためには必要なんだろうな。
最後のイノッチの英語詞のところが地味に好きです。
この曲もLIVEの演出で好きになりました。照れる照れる。

やっぱりこれで締めますよね!うん!
V6全員の才能を全て詰め込んだような曲!だから、すごく忙しないんだけどきちんと曲としてまとまってるから不思議。これは作曲家やアレンジャーの方の手腕だと思う。これ作った人、すごいと思います。調べて他のアーティストの曲も聴いてみたい。
もちろん、V6の力も絶大です。みんなそれぞれ見せ場はあるんだけど、個人的にはLet's keep on!の一声で空気を変えてしまう健くんと、途中でミュージカルおっぱじまったと思ったらネタじゃなく作品の一部として成立させてしまう坂本くんが、とう素晴らしいと思います。
長い曲なんだけど、ジャニーズに興味ない音楽好きの人に聴いて欲しいです。

15.orz...
笑いました 笑
なんか学校へ行こう!を見た気分。

このアルバムを毎日聴き続けて、V6に完全にハマりました 笑 結果として、ファンクラブに入ってしまうという…(´・_・`)だって、生で見てみたくなったんですもん…


しかし…
書き上げるまでにも長くかかってしまいましたが、記事も長いですね。すみません…
効率良く、要領良く書けるように頑張っていきます!