読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気に召すまま

気の赴くままに見たもの聴いたものの感想をのんびり残していきます

長く短い祭 / 椎名林檎(2015)

こんばんは!
ユカです。

前回の記事に時間をかけ過ぎてしまったので、サクッと書けるように今回は一曲にフォーカスしてみようと思います。結局時間はかかってますが…
しばらくはこんな感じで書き方を模索するとは思いますが、お付き合いいただければ嬉しいです。



さて、2回目の記事は林檎さんが昨年リリースした『長く短い祭』についてお話ししていきます。
昨年夏のコカコーラのCMで使われていて、紅白でも歌われていた歌と言ったら分かる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

私は高校の頃にバンド活動を始めまして、社会に出るまで続けてたんですが、その中で最もコピーさせていただいたのが林檎さんと東京事変の曲でした。もーーーー、とにかく憧れでした。女性としても、歌い手としても。過去形にはしましたが、今でもロールモデルには変わりありません。ずっと事変が大好きだったんで、解散のときは悲しかった…とは言え、事変を始める前の林檎さんの曲も好きだったので久々のソロにワクワクもしました。

が。

アルバム聴いても、偉そうなんですけど…なーんかいまいちハマらなくて(´・_・`)その内、あんまり聴かなくなってしまってしまいました。
しかし、去年の夏ふとCMで使われているこの曲を聴いて
『なにこれ、久々にかっこいい!林檎さん素敵すぎる!』
と林檎熱が見事復活いたしました。
神様仏様も聴いたけど、断然こっちの方が好きです。

さっそくフルを聴こうとダウンロードしましたが、もう冒頭の
天上天下繋ぐ花火哉』
の歌い出しで心奪われました。かっこいー!

曲全体の抑揚もとても良い!ここ最近の林檎さんの曲ってどこか抑揚のない、淡々としたものが多い印象があったんです。そこが苦手で遠ざかってました。
この曲に関しては、サビは盛り上がって、それ以外は抑えてって表現が最近の曲の中で1番分かりやすくついています。声のエフェクトもかかっていますが、弱めで林檎さん特有の息遣いも分かるような感じ。ああ、色っぽい…

林檎さんの武器って、やっぱりあの独特な歌いまわしだと思うんです。どんな曲でも女っぽさが漂う感じ…勝訴ストリップ(2ndアルバム)に収録されている、『月に負け犬』はギターが効いたROCKなんですが、そういった曲でも林檎さんが歌うことで女の歌になる。
しばらく聴いてなかったせいかもしれないですが、久々にこの曲でその表現を聴けて完全に悩殺されてしまいました。

この曲に関しては、先述の『月に負け犬』みたいなROCKではなく、機械音を巧みに使ったクラブミュージックな感じです(あくまで私の感覚での話なので厳密に言ったら違うのかもしれません…)初めて聴いた時、直感でこれ踊れる!と思いました 笑 その後、PVを見たら主人公の女性が踊り狂っててびっくりしました。

そうそう。この曲はPVも名作だと思ってます。聴くだけでなく、是非一緒に見て頂きたい。音楽と同じように抑揚があって、サビと共に女性が踊り狂うんですが…お祭り騒ぎと言った雰囲気ではなく、どこか激しくどこか儚げで、歌詞の通り『獰猛な命燃やす匂ひ』が漂い、女性が正に余り持った女盛りを燃やし尽くそうとしてる、そんな刹那的な輝きを感じます。
音楽だけでも完成されてるのだけど、映像もおまけではなくて、この曲の一部なんだなと。正直、林檎さんのPVは前衛的すぎて意味分からなかったんですが(これでもファンですすみません)、こればかりはすっと入ってくるものがございました。

興味を持っていただけた方は、ぜひご覧ください。リンクの貼り方がよく分からないので検索していただけると嬉しいです…

今回も支離滅裂で、ただ思うがままに書き綴ってしまいました…楽しんでいただけたら幸いです。
では。