読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気に召すまま

気の赴くままに見たもの聴いたものの感想をのんびり残していきます

【参戦】テレビ朝日ドリームフェスティバル2016 星野源編

こんにちは、yucaです。
今回は先日公開したV6編に続き、星野源編です。
まずはセットリストからどうぞ!

セットリスト

  1. くせのうた
  2. 化物
  3. 地獄でなぜ悪い
  4. くだらないの中に
  5. SUN

※全て弾き語りでアコースティック


星野源さんの歌を弾き語り、しかも目の前で観れたのは本当に贅沢…!冗談抜きで泣くかと思いました 笑

ここ最近、オーケストラも入るような豪華なPOPsを歌っていますが、やはり彼の原点は弾き語りとか音が粒でわかるようなシンプルなアレンジにあると思うんです。雰囲気でいうと、1枚目と2枚目のアルバムを聴いていただけるとわかると思います。
そんな原点回帰のようなライブの初っ端に、ファーストアルバムに収録されている"くせのうた"を持ってきてくれる辺り、ああ事務所が変わろうとお仕事をもらえるようになろうと、彼は変わらんなあと安心させられました。変わらないというより、こう行ったシンプルなアレンジを未だにやってくれるのに、更に今絶賛プロモーション中の"恋"や去年ヒットした"SUN"のような王道キラキラPOPsもやってくれるのだから、むしろアーティストして幅が広がってますよね。すごく上から目線のような表現になってしまうけど、底が知れない人です。


ファンとして嬉しかったのは、一部だけをアコースティックでやるのではなく、原曲はオケが入ってるようなものでも一貫してアコースティックで見せてくれたこと。シングル曲の"化物"、"地獄でなぜ悪い"、"恋"、"SUN"のアコースティックを聴けたのは貴重です。本当に運が良かった!


何かのインタビューか何かで、あえてビブラートを使わないって話をしていたんです。そこから考えて、やり過ぎるというか派手すぎることが好きじゃないのかなって印象を持ってまして。だからこそ、勝手に弾き語りとか1枚目2枚目のすごーいシンプルな曲たちに、星野源さんの原点を感じるんです。後からネットニュースで見たんですが、このドリフェスの後にも違うフェスに出てたりしたらしいですし、機材やスタッフの都合で弾き語りしたのかもなーとかも思いますけども、どうであれ、弾き語りという形をじっくり見れたことは本当に嬉しい限りです。
まあ、普通のライブでも弾き語りコーナー作って、今回も歌ってるくせのうたとかやってくれてるんで、本人も弾き語り好きなんだろうなあと希望的観測をしちゃいます 笑


最近、この1年で星野源さんにハマった方々には是非とも1枚目2枚目のアルバムを聴いていただきたいです。びっくりするくらいくだらない歌詞もあったりするけど、ほっこり心が温かくなる曲ばかりです。

ばかのうた

ばかのうた

エピソード

エピソード

是非とも。
またこのアルバムたちについても気が向いたら記事書こうと思います。


では、今回はこの辺で。