読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お気に召すまま

気の赴くままに見たもの聴いたものの感想をのんびり残していきます

YELLOW DANCER / 星野源(2015)

さて、今回はこちら。昨年に発売された星野源さんのアルバムです。
ドラマ『11人もいる!』で星野さんの歌声を聴いて以来、ずっとファンでして、今日行われるさいたまスーパーアリーナでのライブにも行く予定です。楽しみだなーってことで、復習がてらこちらのアルバムについて書かせていただきます。

私が星野源さんのファンになったきっかけは、上記の通りドラマを拝見したのが初めです。その後、テレビで2ndシングルの『フィルム』のPVを見て、この声は広之おじさん(星野さんの役名)だ!!と気づいて楽曲に惚れ込みました。それまで、椎名林檎さんにL'Arc-en-CielさんにとにかくROCKばっかり聴いていた私にとって、こういった暖かい音楽と声にどハマりするのは初めての体験でした。自分が歌ってたこともあり、ビブラートめっちゃ効いてる!って方が好きだったんですけど、星野さんは真逆なんですよね。確か、あえてビブラートは使ってないって話をどこかでされてました。それが素朴。ただでさえあったかい曲調なのに、さらにあったかさを添えてる。
この人はすごく骨の髄まで繊細な方だと思います。すごーいあったかーいハートウォーミングなメッセージソングを歌ってるのかと思いきや、この人は結構下らない(失礼は承知です)ことを歌ってることが多いですよね。だけど、それが私たち一般人のリアルな日常を切り取ったような、確かにこんなこと思う思う!みたいな、よくよく考えると身近なことだったりで、友達とくっちゃべってる内容みたいなくだらなさ。よく、役者さんが普通な人を演じるのが一番難しいって言うじゃないですか。それと同じで、私たちが何気なく話してることをわざわざ詩に起こすってすごく大変だし、相当敏感なアンテナか必要だし、本当に繊細な人じゃないとできないことです。そんなことを感じた後で生い立ちを知って、納得いたしました。そこまで語ると尋常じゃなく長くなるので、ぜひ調べてみてください。結構ネット上に流れてます。

さあ、前置きがかなり長くなりましたがアルバムの内容に参ります!今回はお気に入り曲を何曲か掻い摘んでいきます!V6の記事、辛かったから!笑


✳︎Week end
めざましどようび』のやつと言ったら分かる方もいるのではないでしょうか。休日の朝の情報番組ということで、かなり明るいPOPな歌になってます。思わず踊っちゃいそうな感じ。もちろんクラブ的な意味でなく、真昼間の爽やかな感じで。

✳︎SUN
この曲で源さんを知った方も多いんじゃないでしょうか。紅白でも歌ってました。
これ歌ってる時、すごく楽しそうなんですよね。自分にとっての太陽であるMJへの敬愛を書いたって本人はおっしゃってます。この曲が太陽になった人も多いんじゃないかなあ。
源さん特有の抜け感のあるリズム、やりすぎてないオーケストラが良いですね。ギラギラしてる太陽でなく、陽だまりみたいなあったかい太陽です。

✳︎Crazy Crazy
これ、シングル出た頃から好きです。間奏明けにドラムとボーカルだけになるところがあるんですが、ここがシンプルでたまらなく良い!もともとピアノがメインのシンプルな曲ですが、こういう瞬間が入り込むとアクセントになってグッと曲が締まります。音が少なくなるから、一気に神経がその音だけに集中されるんです。その、聴いているこちらの神経も、演奏側の神経も集中してる感覚がすごく好きです。
ドラムも好きだけど、そもそものピアノも好きなんだよなー


特に好きなのはこの3曲かな…
このアルバムはアルバムそのものが好きっていうより、好きな曲が集まったアルバムって感じですね。ここでこれ入れるー!って言う驚きとか感動はなかったかな。でも、全体として言えるのが源さん自身がPOPを面白がってるというか、楽しんでる感は今までのアルバムで1番感じられました。オーケストラも積極的に使ってて、悪目立ちする楽器もなければ、自分の歌声ですらもオーケストラの中の一部にすっと収まって、演奏してる人たち全員がPOPを作り上げてるような気がします。と、思ったら音が少ない曲でもメロディに動き出したりして、厚みを持たせていたり…ただのPOPになっていない曲もあって良い。でも、やっぱりそういうシンプルな曲も単純に楽しそう。このアルバム全体のキーワードとして、楽しむとかそういった前向きな何かがあるような気がします。
まあ、私は作曲できないので偉そうなこと言えないですが…源さんが楽しそうにしてるのが伝わって、ファンとしてはそれがとても嬉しいです。


さあ、今日は楽しんできます!!